家事代行の利用方法をご紹介します

個人事業主におすすめ

個人事業主におすすめ 個人事業主となっている方の場合、自宅兼オフィスとして使用している建物内であれば、その場所の清掃などの家事代行費用は経費で計上することが可能です。家事代行と言っても色々なサービスがありますので、明らかに自分の事業と関係の無いような項目であれば個人で支払いをすることにはなりますが、事業内容に関連したことやオフィス内の清掃、必要物資の買い出しなど色々とやってもらえることはあるでしょう。

もしも誰かをアルバイトとして雇うとなれば、複雑な手続きが必要になりますし、支払い費用も割高となることでしょう。しかし、家事代行にかかる費用であれば「業務委託費」で経費計上するだけですのでとても簡単に処理が出来るのです。しかもスポット的に忙しい時だけお願いすることが可能ですから、1時間だけとか2時間だけ来てもらうことも出来て融通が利きます。このように、実は個人事業主にとって家事代行を利用することで数多くのメリットがあるのです。

家事代行は遠方に住む人のために依頼することも可能

家事代行は遠方に住む人のために依頼することも可能 掃除や洗濯、料理など家事を代わりに行う家事代行サービスは便利ですが、中には遠方に住んでいる高齢の両親や子供のために依頼する方もいます。この場合、実家などが代行会社のサービスエリア内にあるなら対応が可能で、エリア外でも場合によっては対応してくれることもあるので相談したほうがいいです。

違うところへ住んでいて、高齢になってきた両親を心配し定期的に家事代行を依頼することは増えていて、訪問する人も通常は一般の主婦なので、掃除をして簡単な料理などをするため家事の負担も減りますし、見守りも兼ねて報告なども出来ます。
例えば週に1回で2時間のサービスだと、1ヶ月4回ほど依頼しても税込み3万円ぐらいです。有効に利用するには、訪問する回によって代行をしてくれる家事の内容を変えることで、例えば最初の周はお風呂掃除、その翌週は庭の手入れなどしっかり行ってほしい仕事を決めておくと無駄がなくなります。
介護は出来ませんが家政婦が定期的に伺い、両親の状況を報告するので、家庭の家事だけを行うと感じるサービスでも、見守りを兼ねて依頼する人も増えてきてます。

新着情報

◎2020/5/12

個人事業主におすすめ
の情報を更新しました。

◎2020/03/31

サイト公開しました

「家事 個人」
に関連するツイート
Twitter